彫金の道具・糸鋸 | tefutefu

2017/04/21 11:41

板を切るのに、ハサミ、糸ノコ、線などを切る道具として、喰切り、ニッパー、などがあります。

特に重要なのが糸ノコです。ハサミでも切ると板にゆがみができたりするので、おもに糸ノコを使います。

金属用のノコ刃は何種類もあります、精密な作業のときには、刃のこまかいほうを使用します。

刃の張りかげんは、きつくてもゆるくても切るときに折れやすいので、指ではじいて、軽くピンと音のするくらいです。

実際に地金を切っていくうちに加減がわかってきます。切る地金の厚さによっても違ってきます。

すり板とよばれる細かい仕事をするときにささえる板で、先端に切り込みを入れたり薄く加工して、金具でしっかり固定して使います。

糸ノコはこのすり板の上で作業します。刃にロウを塗るとすべりやすくなります。

地金の内部から切るときには、先にドリルであなをあけてから糸ノコを通してきりはじめます。

地金をどう固定するかによって切れかたに違いが出ます。